So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

造形作家との出会いが生んだ世界

IMG_E4074.jpg
不思議な世界を作り出す造形作家、所正泰さんに出会った。個性的な人物や動物、撮影加工まで自分でする。小説世界と化学反応を起こすメリーゴーランドの馬たち。

さてどっちにしよう

IMG_2746 (1).jpg
詰めれば詰めるほどわからなくなってくる。翌日になって見ると酷いものだったり意外と面白かったり。タイポグラフィの難しさと面白さ。時には小説から離れてみる。そこでみえるものもあるから厄介だ。さてどっちにしよう

デザインは気合いだ!?

IMG_2861.jpg
『小説王』「!」マークを付けたいくらい気合いが入った。おそらく俯瞰でみてデザインしないといけないのだけど入り込んでしまった。なんと隣には『マル暴総監』!たまたまと思うけれど嬉しい平積み。祈る重版!

やっぱり重版ですよ!

kyojo2.jpg
大好評!第1弾『教場』シリーズ第2弾『教場2』のタイトルも同じくUVシルク加工にしました。第1弾好評で重版がかかると特殊印刷もスムーズにOKが出たりします!

艶ありか艶無しか

IMG_2811.jpg
誰とも繋がれない、大人たちへ。個人と社会の狭間のある「孤独」…成熟した世代に人生の意味を問う長編小説 白石一文著 集英社刊。装画は真々田ことりさん。色鉛筆は発色が難しい画材のひとつですが、水面の情感を巧く表現していただきました。仕上げはPP加工艶ありに。仕上げで印象がほんとに変わります!

当たり前だけど本は立体なんだよね!

IMG_2805.jpg
関東大震災後、わずか17日間で横浜港を再開させたすごい男、原三渓の物語。装画はいとう瞳さん。表4(カバーの裏)まで装画は回り込んでいます。やっぱり本は立体なんだよね!

鳩撃!受賞!

鳩撃.jpg
小説巧者として根強い人気の佐藤正午氏待望の長編小説『鳩の撃退法』小学館、上下巻。謎が謎を呼ぶ展開と、脱力系のユーモアと遊び心に満ちあふれた桁違いの面白さ!まさに最高傑作!! 第六回 山田風太郎賞受賞!編集者とのやりとりは略称「Hatogeki」。カバーデザインにも入れちゃいました。

オヤジも涙!

ティーンズエッジ.jpg
“この町に初めてのライブハウスを作ろう! ”愛する故郷、大好きな音楽、憧れの恋、訪れるあの“波”。ヒリつくほどに懐かしい全て。東北在住の直木賞作家が描く魂の青春小説。

ピンク色もいい。

honesty.jpg
聖子ちゃんも好きだという女性に人気のピンク。進出、温暖、柔軟、軽量などのプラスのイメージ効果を持ち、マイナスのイメージ効果はあまり見あたらない色、しかし書籍では難しいと言われるのは何故。頑張ってほしいピンク!「おたがい大好きだけど、恋愛も結婚もしない。どんな秘密もつくらない」幼なじみ二人が交わした約束。純粋すぎる愛の行方は。『娼年』『逝年』を超える危険な純愛小説。

はらだみずきさんの色は何色?

波に乗る.jpg
主人公の文哉は父が亡くなったという知らせを受ける。疎遠だった父が残したものは、海が見える古い家、初めて見る父の青春時代の写真やサーフボード。知らなかった父をたどっていくと不器用だが必死に生きようとしていた父を知る。自信を無くしていた自分が少しずつ変化していく。モノトーンな世界に色がひろがっていくような、爽やかなはらだみずきさんの世界に浸って欲しい!。

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。